マンション管理コンサルティングのエキスパート・ソーシャルジャジメントシステム
Top

SJS社長ブログ

区分所有者の無関心(5)大規模修繕工事を巡る悪質コンサルの問題

最近、マンションの大規模修繕工事を巡って、悪質な設計コンサルティング会社の存在が問題になっています。

大規模修繕工事については大きく分けて、管理会社や専門工事会社が一括して請け負う「責任施工方式」、そして設計監理と工事を分離して発注する「設計監理方式」があります。

マンション管理で一番の問題は、所有者の「無関心」

先日、NHKのディレクターが来社されました。今後、分譲マンションの管理の問題について取り上げていきたいので、事前取材としていろいろ話を聞かせてほしいということでした。

実はいまから20年ほど前、NHKの早朝情報番組『おはよう日本』で、当社を紹介してもらったことがあります。

管理会社の多くがリプレイスに積極的!

マンションの管理会社はふつう、新築分譲の際に売主の不動産会社がセットしており、管理組合が選んだわけではありません。
しかも、管理組合の役員は1~2年任期でどんどん交替するため、「いまの管理会社に任せておけばいい」という感じになっています。