マンション管理コンサルティングのエキスパート・ソーシャルジャジメントシステム
Top

マンションの屋上には防水層が設けてあり、雨水の漏水を防止するとともに、鉄筋コンクリートの建物を劣化から防いでいます。この防水層は通常、15年前後の周期でやり直す必要がありますが、SJSでは20年以上に工事周期が伸びる新しい工事方法を提案しています。

●雨漏り防止と建物の劣化防止

マンションの屋上防水の工法としては、アスファルト防水、シート防水、ウレタン塗膜防水などがあります。
このうち最も一般的なのがアスファルト防水(コンクリート押さえ)です。アスファルト防水は安定性や耐久性に優れますが、それでも日射の熱による躯体の膨張や収縮などによって、次第に破損・劣化が生じます。
通常は15年程度を目安に、大規模修繕工事のひとつとして防水層のやり直しを行ないます。最近はコストや産業廃棄物の問題などもあることから、既存の防水層を撤去せずに上からかぶせる、かぶせ工法も多くなっています。

●SJSなら20年保証

屋上防水工事は費用もかなりかかります。もし、工事の周期を伸ばすことができれば、コストのみならず工事にともなう生活上の制約なども避けられるのです。
そこでSJSでは、有力な工事会社と提携し、20年保証の付いた新しい屋上防水工事を提案しています。アスファルト防止とウレタン塗膜防水の2つの工法があり、マンションの状況などに応じて適したほうをお選びいただけます。
アスファルト防水の場合、低温式で臭いや二酸化炭素の発生が抑えられ、ルーフバルコニーの歩行も可能です(20年保証)。シート防水の場合、既存の防水層を撤去する必要がなく、シートの遮熱効果も期待できます(ただし、ルーフバルコニーについては10年保証)。
いずれも従来より工事費は多少高くなるものの、工事周期が伸びることによって、LCC(ライフサイクルコスト)では有利です。

●工事費用について

詳しくは、SJSへお問い合わせください。


シート防水の例

BEFORE
AFTER

お問い合わせフォーム