マンション管理コンサルティングのエキスパート・ソーシャルジャジメントシステム
Top
 

SJSバリューアッププラン

大規模修繕の基本的な考え方は、定期的な補修で新築当時の状態や性能を維持しようとすることです。しかし、さらに一歩進んで資産価値をアップさせる“攻め”の大規模修繕を、SJSでは「バリューアッププラン」として提案しています。

●なるべく新築当時のまま維持

大規模修繕工事には、多額の費用がかかります。しかし、もともと大規模修繕工事の基本的な考え方は、建物の状態や性能をなるべく新築当時のまま維持しようということです。そこには、時代の変化に合わせてレベルアップを図ったり、資産価値をアップさせたりする発想はありません。

●合理化した費用で様々なバリューアップ工事を

SJSが提案する「バリューアッププラン」は、大規模修繕工事をできるだけ適正化し、浮いた費用を一歩進んだバリューアップ工事に充てることで、大切なマンションの資産価値を高めるものです。バリューアップ工事には次のようなものがあります。


バリューアップ工事実績例

◆室内廊下の壁および床タイル張り

BEFORE
AFTER

◆エントランスホールのタイル張り

BEFORE
AFTER

◆通用口の改修

BEFORE
AFTER

お問い合わせフォーム