マンション管理コンサルティングのエキスパート・ソーシャルジャジメントシステム
Top
 

SJS外壁ソリューション

「吹付けタイル」の外壁は、10年程度で吹付けのやり直しが必要です。その際には足場を組む必要があり、工事費も多額になります。この吹きつけタイルを本物のタイル貼りに変え、大規模修繕のコスト削減と資産価値アップを図るのがSJSの外壁リノベーションです。

●本物のタイルとは全く別
マンションの外壁仕上げの一種に「吹付けタイル」があります。これは吹付けによって外壁を陶磁器質のタイル調に仕上げるもので、本物のタイルとは全く異なります。工事費が安く、建物の重量も軽くできることなどから、一時非常に多く用いられました。
しかし、吹付けタイルは年月とともに汚れが付きやすく、通常10年程度で吹付けのやり直しが必要です。その際、足場を組む必要があり、工事費も多額になります。

●資産価値のアップも
この吹付けタイルの上に、本物のタイルを貼るのがSJSの提案する外壁リノベーションです。特殊なネットを下地として設け、そこに高級タイルを固定していくもので、外壁の塗り替えが不要になります。大地震の際も、下地のネットが躯体の揺れに対応するので丈夫です。コストは吹きつけに比べて2~3倍になりますが、長期修繕計画から外壁補修がはずれる効果は大きいといえます。また、外観上も高級感が増し、汚れも目立たず、資産価値のアップが期待できます。

●工事費用について
外壁リノベーションの工事費用については、お問い合わせください。

<外壁リノベーションの例>

お問い合わせフォーム