マンション管理、大規模修繕のコンサルタントはソーシャルジャジメントシステム

株式会社ソーシャルジャジメントシステム SJSのノウハウを最大限に活かし「マンション管理」の合理化と品質改善をトータルにサポートします

正社員募集

ゼロから分かるマンション管理
アーカイブ

20140724 第3回
・分譲マンションを買うとあなたも
 自動的に 「管理組合」のメンバー

20140519 第2回
分譲マンションの建物で「専有部分」と
「共有部分」って具体的にどう分ける?

20140404 第1回
分譲マンションを買うのと一戸建てを
 買うのとどこが違うの?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3回
分譲マンションを買うと
あなたも自動的に「管理組合」のメンバー
 

マンションの建物には「専有部分」と「共用部分」があり、「専有部分」は各購入者(所有者)がそれぞれ自分で管理するのに対し、「共用部分」は購入者(所有者)全員で管理します。
この「共用部分」のほかマンションでは敷地も共有であり、こうした共有の財産を維持管理するために存在するのが「管理組合」です。

この点について、分譲マンションの基本的な権利関係を定めた区分所有法では、「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成」するとしています(第3条)。
お分かりの通り、この「団体」が管理組合です。

「組合」というとついなんとなく、入るかどうかは自由というイメージがあるかもしれません。
確かに、分譲マンションを買うかどうかは自由です。また、管理組合とは別に自治会が存在するマンションもあり、自治会へ加入するかどうかは任意です。

しかし、管理組合については、分譲マンションを買うと自動的にメンバーになるというのが法律上のきまりです。

そして、マンションの区分所有者である限り、管理組合から脱退することはできません。逆に、区分所有者でなくなった人は組合員の資格を失います。管理組合はメンバーが変わっても、マンションが区分所有されている限りは原則、存在し続けるのです。

なお、細かいこというと、たとえば50戸ある分譲マンションを資産家が全戸購入した場合、建物も敷地も一人の単独所有であって、複数の所有者による区分所有関係がありません。ですので、管理組合も存在しません。

しかし、50戸のうち1戸だけ別の人が購入した瞬間、そのマンションには区分所有関係が成立し、管理組合は法律上当然に生まれます。

 管理組合のメンバーになるなんて、なんだか面倒だと感じる人もいるでしょう。

しかし、逆に言うと管理組合のメンバーだからこそ、自分が所有し居住するマンションの維持管理に関わる権利があるのです。

 家族の生活の拠点であり、また大切な財産でもあるマンション。その居住性と資産価値を守っていくのは、管理組合を構成する一人ひとりのメンバーにほかなりません。

そのために、区分所有者としての権利をぜひ適切に活かしていきたいものです。
SJSへのお問い合わせ 管理費削減・大規模修繕など… メールでのお問い合わせはこちら…
 
ゼロから分かるマンション管理
 

管理費をもっと安くしたい

プレミア・リプレイス・マーケット
プレミア・リプレイス・マーケットQ&A
無料簡易査定
管理分析レポート
管理費3ヶ月削減プログラム
共用部節電対策

管理の質を確保したい

スマートシステム
新築アフター点検サポート
管理業務監査
オーダーメイド管理仕様作成
エレベーター点検業務監査

長期修繕計画を見直したい

「長期修繕計画」無料診断
建物調査/診断レポート
オーダーメイド「長期修繕計画」作成
エレベーター新型モダニゼーション

大規模修繕工事をきちんと行いたい

電子入札システム
工事設計監理
バリューアッププラン
一時金/借入金ゼロプラン
20年保証屋上防水工事
10年保証パレット塗装工事
外壁リノベーション
作業監視システム

管理組合の活動を活性化したい 合理化したい

TMサポート
専用ホームページ作成/運営代行
自主管理サポート
ディレクター派遣
管理者(理事長)代行

もっと合理的で快適なマンション管理を実現したい

新聞宅配システム
・災害マニュアル等整備サポート
ゴミステーション脱臭システム
補助金/公的融資コンサルティング
保険コンサルティング
 
会社概要  アクセス  サイトマップ  資料コーナー  マスコミ掲載情報  出版本  リンク集  お問い合わせ  プライバシーポリシー  サイトポリシー